爪の変形と爪水虫の見分け方

爪の変形と爪水虫の見分け方

足の爪の形が変形してしまうことがあります。特に小指の爪が変形してしまうことが多いように思います。理由はよくわかりませんが、靴を履いていると爪が圧迫されて変形してしまうのでしょうか。しかし、爪の変形が外部からの圧力などではなく、病気による場合があります。いわゆる爪水虫と呼ばれるものです。

 

爪水虫を見分ける方法は、単なる変形ではなく、爪の質が完全に変わってしまうことです。たとえば、色に透明感が無くなります。形も厚みが出てきます。2〜5mmくらいの厚みになってしまうこともあります。これは明らかに変形の域を超えているので、爪水虫を疑うことでしょう。

 

私の場合は、父親が爪水虫だったので、自分も感染してしまったことがすぐにわかりました。最初はとてもショックでしたが、仕方がありません。父親は時々市販薬を塗っているようでしたが、一向に完治する気配がないので、わたしは皮膚科に受診することにしました。

 

やはり市販薬とは違い、皮膚科で処方される薬は強いので効果があります。

 

また、爪水虫に関しては爪を生やすための薬は必要のようでした。このような市販薬は当時販売されていなかったので、皮膚科に受診したのは正解だったと思います。

 

 

爪を短く切る事で爪水虫に対処するという失敗

菌類が爪の隙間に入り込んでしまうのが、爪水虫を発症する原因だからこそ、爪を短く切るのが正しい対処法だと思い込んでいました。
しかし爪を短くしたところで、菌類が足に付着しては何も意味が無いからこそ、しっかりと足の保湿作業を行わなければいけません。

 

そう考えた頃には爪水虫の症状が悪化していたので、新しい対処法が必要だと考えて、私が購入してみたのがクリアネイルショットです。

 

爪水虫の症状が悪化してからは、爪が乾燥して硬くなっていたのですが、クリアネイルショットのおかげで爪の柔らかさを取り戻せています。

 

スクワランの保湿効果の凄さには驚かされており、夜中にクリアネイルショットを塗布した翌日の朝にも、爪が柔らかい状態を保ってくれていました。

 

クリアネイルショットの香りの良さにも満足しており、爪を清潔な状態に保つ効果も十分あるので、足の臭い対策としても役立つと感じています。
現在では爪を短く切るのを止めており、正常に爪が伸びる状態を楽しめるようになりました。

 

爪の先端だけでなく横側の皮膚まで、保湿効果がしっかりと作用してくれるので、皮膚の硬さに悩まされずに済みます。
ニッパーなどで硬くなった皮膚を切る必要が無くなったのも、クリアネイルショットを使って良かったと感じる点です。