爪水虫の水虫薬は飲み薬もある

爪水虫の水虫薬は飲み薬もある

爪水虫に感染したと分かったら、すぐに治療をしなければいけません。私は比較的早期に発見できたからよかったのですが、もし放置していて治療を先延ばしにしていたら、手術をしなければ治らないくらい悪化していたかもしれません。

 

まず、異変を感じたのは、爪が変色してしまい、ぼろぼろになっていたことに気づいたからです。すぐさま病院に行ったところ、爪水虫だと診断されました。まだ、感染が進んでおらず、患部も小さいので、塗薬だけ処方されました。爪水虫の薬としては、塗薬と飲み薬があります。水虫薬は市販でも購入できますが、これらの多くは足裏用です。ですから、病院に行って爪水虫に最適な薬を処方してもらう方がいいでしょう。

 

私の場合は塗薬だけ利用しましたが、感染が広がり、皮膚にも及ぶ場合は、ステロイド薬である錠剤も処方することがあるようです。爪水虫は全身に感染することがあるので、怖い病気です。ですから、爪に違和感を感じたらすぐに病院にかけこむことをお勧めします。

 

また、適切な治療を施さなければ、治るどころかどんどん悪化してしまいます。個人でも薬を購入することはできますが、重要なことなので専門家の指示を仰ぐ方がいいでしょう。

 

 

爪水虫によく効く水薬

爪水虫とは、白癬菌が爪の間の皮膚に感染し、爪を変形させてしまう足白癬の一種です。この病気の怖いところは自覚症状が無い間に、どんどん病気が進行してしまい、しまいには爪が黒くなって取れてしまうこともあるのです。

 

 私も最初はまったく病気に気づきませんでした。お風呂に入ったときに、足の親指の爪とその周辺の皮膚が、ずいぶんごわごわするなと感じた程度で、洗って垢のようなものがボロボロ取れても、むしろきれいに洗えているのだと思い、強くこすってしまったのです。しかし後からわかりましたがこれは誤りでした。

 

 しばらく経ってから、今度は爪の色が白から黄色へ変化してきたのです。それと同時に爪に縦線が現れ、あきらかに表面がでこぼこになりました。指で触るとごつごつしています。また爪に厚みが出てきて、普通の爪切りだと上手に切ることができなくなりました。この時点でネットを調べ、ようやく自分が爪水虫にかかっているのだと自覚しました。

 

 最寄りの皮膚科に駆け込むと、先生にやはり「爪水虫」という診断をされました。内服薬と水薬の新薬クレナフィン外用液10%という薬をもらいました。水薬のクレナフィンは、一般の塗り薬よりも、爪水虫の奥まで染みこんでいくような感じがしました。よく効いたのだと思います。

 

 その後は足を清潔に保ち、もらった薬が無くなるまでつけ続けました。今は完全に治っていますが、再発させないように気をつけたいと思います。