糖尿病と爪水虫の怖い関係

糖尿病と爪水虫の怖い関係

糖尿病と爪水虫の因果関係が時々話題に上がりますが、確かに関係はあるのです。疾患がある人は、健康体の人と比べて抵抗力が落ちている場合が多く、どうしても感染症にかかりやすくなる傾向があります。

 

爪水虫の原因は白癬菌ですから、抵抗力が落ちている人は菌に感染しやすくなるというのは本当のことなのです。

 

そして糖尿病の人が爪水虫を放置しておくことで、更なる重篤な症状にもなりかねないので注意が必要です。爪水虫というのは、爪が硬化してしまいます。この硬くなった爪で自らの皮膚を傷つけ、そこから細菌に感染することも少なくありません。

 

感染に気付くのが遅く化膿したままにしておくことで壊疽を発症、皮膚や皮膚組織そして骨まで腐ってしまうこともあるのです。壊疽の進行スピードはかなり速く、最悪の場合下肢切断といった選択を迫られる場合もあります。

 

糖尿病の患者は、降圧剤や抗高脂血症薬を飲んでいることも多く、爪水虫の治療に使われる飲み薬が使用できない場合もあります。内臓への負担もあるために、薬を選ぶときはよく医師と相談することが大切です。

 

また日頃から、足の指の間まで清潔に保つ、洗った後はよく乾かす、深爪をしないといったように、足の状態に気を遣っておくことが大切と言えるでしょう。

 

 

豊中のクリニックで爪水虫を治療しました

海外旅行に行ったときに、公衆浴場を利用しました。その後、帰国してから爪の形が少し変だと感じていましたが、そのうちに爪が白くなってきたので不安に感じました。豊中にあるクリニックを受診したら、菌に感染して爪水虫が発症していると指摘されました。

 

爪水虫は初耳でしたが、実はかなり感染力が強い菌で、知らないうちに感染している人は増えているということでした。治療をしなければ自然と治るのは難しく、他の指にも感染してしまうことがあると知ったので、治療を受けることにしました。

 

クリニックでは、内服薬と外用薬を同時に使用することによって改善効果を高められると説明されたので、薬を処方してもらうことにしました。内服薬は1日に1回の服用で良かったですし、外用薬は気になる爪部分に塗るだけで良かったので、継続して治療を受けることにしました。

 

すぐに改善するものではなく、気長に治療をすることが大事だということなので、頑張って治療をしました。そうしたら治療を始めてから2か月後には、爪が元の綺麗なピンク色になってきたので菌の繁殖力を抑えることができていると実感しました。爪が変形したり脆くなるのは嫌なので、完治するまで治療を頑張って良かったです。