石鹸よりも皮膚科で完治しました

石鹸よりも皮膚科で完治しました

お風呂もしっかりと入り足も清潔を保つなど水虫には気をつけていたのですが、足が水虫になり、気づくと感染が広がって爪が分厚くなって爪水虫になってしまいました。病院に行くのも面倒で、なによりも女性で水虫ができるのは恥ずかしいことと考えてしまい病院に行かずに、ネットなどで爪水虫について調べたり、色々な民間療法を試しました。

 

その中でも効果があったと感じたのは石鹸です。ティーツリーという殺菌効果のある精油などを入れたお湯に足をつけて殺菌するなどの方法があったのですが、殺菌作用のある消毒液などを使うと皮膚表面の水虫の原因となる白癬菌は死滅させることはできるので予防には良いのですが、白癬菌は生命力が強く角質に入り込んだ白癬菌は死滅させることはできないということです。

 

でも石鹸は角質層に住みついた白癬菌は角質と一緒に皮膚表面から剥がれるので角質層のターンオーバーを早めることは白癬菌を減らすことにつながります。石鹸でしっかりと皮膚の汗や脂、埃などを落として皮膚の新陳代謝を活発化させることができるので、爪水虫は改善することが期待できます。

 

しっかり洗っていたのですが、爪水虫は良くなったような気がしたのですが、爪が半分くらいになってしまったのですが、この方法では完治まではできないと思ったので皮膚科に行って治療をしました。

 

皮膚科では内服薬や塗り薬での治療を行い、結果的には完治しました。民間療法も悪くはないのですが、爪水虫になってしまったら皮膚科での治療が良いと思います。

 

 

爪水虫は洗濯をしっかりすれば治るか確認

洗濯物に水虫菌がついているといけないと思って、時間をかけて洗濯をして、それからよく乾燥させるように気を配りました。それによって爪水虫が少しでも楽になると思ったのですが、ほとんど影響はありませんでした。

 

やはり足を徹底洗浄する必要があるのでしょうが、爪水虫対策として爪を洗っても内部まで洗えている感じがしません。ニキビなどの肌トラブル用のクリームを使用した場合も同様です。

 

そんなときに役立ってくれたのがクリアネイルショットであり、爪水虫専用のネイル用品でした。爪というのは自分で自分を復活させることができないと言います。肌対策としてどくだみ茶を飲むなどの対策もしましたが、爪に関しては直接塗布しないと効果はないとわかりました。そこで今は毎日1回はクリアネイルショットを使用して、爪を落ち着けています。

 

クリアネイルショットを使用してからは爪がやわらかくなり、ゴワゴワした感じがなくなりました。爪全体が潤っている感覚であり、以前のようにボロボロになることがありません。爪が綺麗になるとオシャレも楽しめますし、何よりコンプレックスが消えるのがいいです。爪にコンプレックスを抱いている人は思いのほか多いと言いますし、そうした人は専用用品のクリアネイルショットを使用してみるのがよいと思います。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら