ステロイドを使ってひどくなりました

ステロイドを使ってひどくなりました

私は以前、自分の間違った判断により、爪水虫を悪化させてしまったことがあります。私はもともとアトピー性皮膚炎を患っていました。毎日飲み薬を服用し、保湿剤を塗り、もしも炎症を起こしてしまった場合には、その炎症を起こした部分にのみステロイドの塗り薬をぬっていました。

 

私は爪水虫が発覚した時に、アトピー性皮膚炎がひどくなったとき用の塗り薬を塗ればよいのではないかと勝手に考えてしまい、毎日入浴後に、患部に塗布していました。しかしこれが本当に良くなかったようです。日ごとに症状はどんどん悪化していきました。

 

爪もぼろぼろになってしまい、割れたり、ボコボコしたりとひどい状態です。これ以上ひどくなっては困ると思い、かかりつけの皮膚科に相談しました。その時にアトピー性皮膚炎用の塗り薬を塗ったということを伝えると、医者に怒られてしまいました。

 

爪水虫にステロイドを使うと全く効果はなく、それどころか治療を遅らせる原因になるといわれました。水虫を治そうとする炎症を、ステロイドが抑えて、菌を活発にさせてしまうということでした。その後、皮膚科から水虫専用の塗り薬と飲み薬をもらい、1年半ほどかかりましたが、無事に爪水虫を治すことができました。

 

 

爪水虫が酢で治った

会社の独身寮にいたときに共同浴場で水虫を移されてから、市販の薬を塗っておけばそのうち治るだろうと油断していると、思いのほかどんどん水虫が進行していって爪までにごったようになってボロボロになってしまう爪水虫になってしまっていました。

 

しばらく皮膚科にも通っていたのですが、なかなか治らなくて仕事が忙しくなったこともあり通うのをやめてしまったりもしていて、当時付き合っていた嫁も治して欲しいと言いながらも諦めてしまっていました。

 

それでも結婚して嫁と新居で暮らし始めてしばらくしてから、やっぱり水虫が移るのが嫌で色々と対策をするのが面倒になって実は爪水虫のことをこっそりと調べていた嫁から、爪水虫には酢が効くという情報を見つけたということで毎日強制的に洗面器に入れたたっぷりのお酢に足をつけさせられるようになりました。

 

初めはすごい臭いが部屋に充満するのでそこまでしなくてもと思ったのですが、嫁に水虫を移してしまうと後々面倒なことになりそうなので渋々従っていました。すると、3か月ほどそんな悪臭に耐えてお酢につけることを続けているとだんだんと爪の下の方から綺麗な爪が生えてきて、爪水虫が治ったようです。

 

お金もかかりますし、臭いもすごいので決して人にはおすすめできませんが自分には効果がありました。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら