爪水虫になって激痛を経験しました

爪水虫になって激痛を経験しました

普段の生活をしていて、何らかの理由から足の爪水虫になってしまった事があります。いつも清潔にしているにも関わらず掛ってしまったのでびっくりしました。

 

最初は足の親指の爪のサイド辺りに空気が入ったような感じで、爪自体が皮膚から浮いてきたのが始まりで、その時は病気だとは思わなかったのでそのままにしていました。しかし1週間が過ぎて爪が皮膚から浮いている部分が大ききなり、変だなと感じたぐらいで、痛みはまったく無かったです。

 

そのうち治るだろと思っていたのが間違いだったのです。爪が浮いている部分が上半分ぐらいに広がってしまい、痛みを感じるようになったのです。靴を履いて歩く時に、浮いた部分が当たってしまい、激痛に変わってきたのです。

 

靴に当たってしまう部分は爪切りで切って対処しましたが、爪が皮膚に付いている部分よりも浮いている部分が大きくなった時には、靴下を履くのも辛い状態の激痛となってしまい、歩くのも辛くなってしまったのです。

 

病院に通ったら完全に爪を剥がさないと治る事は無いと言われ、強引に爪をすべて剥がされてしまったのです。その時の痛みは言うまでも無く、頭に響くような激痛を経験しました。

 

爪水虫は、初期状態で何らかの処置を施すだけで、病院に行かなくても自分で治せると聞いて、それからは、クリームを塗って予防するようになりました。

 

 

爪水虫を撃退するには皮膚科です

爪水虫の水虫菌を撃退するには皮膚科で治療することです。

 

爪水虫だけではなく水虫に効果があるという方法は多くあります。例えば殺菌効果のあるアロマオイルのティーツリーをホホバオイルで希釈して爪に1日に2回塗布したり、酢に殺菌効果があるので足湯に入れたり、色々な民間療法があります。

 

これらの方法で水虫が治るのは本当の初期か水虫の予防に効果を発揮するかもしれません。薬局やドラッグストアで手軽に水虫の塗り薬も販売しているので気軽に購入でき、根気よく塗り続けると治ることはあるかもしれませんが、私にはどちらの方法も効果は殆どなかったです。

 

最初足に水虫ができて、ティーツリーや酢などを使った方法を試したのですが、足はキレイに見えるのですが水虫菌を撃退することはできず。

 

薬局で水虫の塗り薬を買って塗っても少しは良くなったように感じていたのですが、結局爪に水虫が感染して爪水虫まで範囲が広がってしまったので、皮膚科を受診しました。私の症状では薬の服用が必要で、並行して縫い薬を塗って半年くらいすると爪もキレイに元に戻り、足の水虫もなくなり水虫菌を撃退することができました。

 

皮膚科に水虫の治療で行くのは恥ずかしい気持ちもあったので、治療が遅れてしまったのですが、水虫は家族にも感染させる可能性があるので水虫に気づいた時に皮膚科を受診すれば良かったと今は思っています。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら