家にあったゲンタシン軟膏は効く?

家にあったゲンタシン軟膏は効く?

爪水虫と同時に、指の水虫も発症していて、患部がジュクジュクとした状態になってしまいました。家にある薬でなんとかならないかなと、薬箱を探していたら、ゲンタシン軟膏という塗り薬が出てきました。

 

抗生物質と記載があったので、期待をして塗ってみることにしたのです。塗って1週間くらいすると、ジュクジュクしていた患部が、少し良くなったような気がしてきました。そこで気を良くして頑張って塗り続けてみたものの、それ以上の効果は見られず、爪水虫に関しては全く変化なしでした。

 

結局、あまりに足の汚さに耐えかねて、皮膚科を受診。ゲンタシン軟膏を塗ってみたけど改善されなかったと言ったら、呆れたような態度をされてしまいました。
水虫の菌は、白癬菌という特殊な菌らしく、対応している抗真菌剤でないと全く意味がないそうです。

 

私の場合は悪化はしなかったからよかったものの、下手したら余計にひどくなってたかもしれないと注意されてしまいました。
皮膚科できちんと水虫の塗り薬と飲み薬を処方してもらって、無事に直すことが出来ました。

 

ゲンタシン軟膏は、ケガや火傷といった皮膚表面の傷に対して、感染症を予防するための薬だということです。今度はケガをした時に使うことにします。

 

 

芸能人の中にも悩んでいる人がいる爪水虫

温泉に行った時は、足を拭くマットは使わない方がいいと言われていました。どうしてかというと、水虫菌が感染することがあるからです。でも、最近の温泉は衛生状態にかなり気を使っているので、大丈夫だと安心しきっていたら、足が急に痒くなりました。

 

調べてみると、水虫の疑いがあるので、まずは痒みを抑える治療薬を入手するために薬局へ走りました。口コミでも評判の水虫治療薬だけあり、数日で痒みが緩和され、今ではほとんど痒みが出ません。痒みが出た時に、すぐに水虫治療薬を使って痒みを抑えておいて良かったです。

 

水虫は、治ったようにみえて、皮膚の中に潜伏していることがあるので注意が必要です。

 

以前、皮膚科の医師も、治ったと感じてもしばらくは治療薬を使った方が良いと言っていました。
白癬菌が潜んでいる状態で放置していると、爪にまで症状が進んで爪水虫になる可能性もあります。

 

素敵なサンダルを持っていても、爪の状態が悪いと外に履いて行けません。芸能人の中には、写真を見ると爪水虫ではないかと疑われる人が時々います。爪水虫になると、治療に時間がかかるので、水虫の初期症状の時に治してしまうのがベストです。爪水虫になった人を見ていると、治るまでかなり苦労しています。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら