この薬とワーファリンを併用していました

この薬とワーファリンを併用していました

爪水虫に感染し、普通の爪切りでは切れないぐらいに爪が分厚くなりました。ペンチのような形をした、ペット用の爪切りを使う始末でした。このままでは、素足を人に見せられないと思い、病院に行って診てもらいました。

 

私の場合、重度の症状であるとのことで、塗り薬ではなく飲み薬を処方されました。爪水虫の薬は、副作用などもあると聞いており、ワーファリンを服用していることもあり、病院で尋ねてみたところ大丈夫だと言われました。

 

ワーファリンと爪水虫の薬を同時期に飲むことに抵抗がありながらも、とりあえず飲んでみることにしましたが、これと言って体調に変化は現れませんでした。療法の薬の副作用が現れたらどうしようという不安も、1週間ほどで消えました。

 

1ヶ月程飲むと、爪の厚さが明らかに薄くなっているのがわかり、薬が効いているのだなと実感しました。3か月ほど薬を飲み続け、その後は塗り薬に変更して、今は完全に治っている状態です。

 

あんな爪には二度と戻りたくないので、今は水虫に感染しないように、公共の場のスリッパをはいたり、素足になるときは、衛生面に特に気をつけるようになりました。再発はしておらず、このままの状態をキープしていきたいです。

 

 

画像を見て爪水虫だとわかり

気づいたら爪の状態が悪くなっていて、なんだろうと思いました。最初は爪水虫だとは思っていなくて、なぜこのようになってしまったのだろうとネットで同じような症状の人の画像を調べてみると爪水虫だと言うことがわかりました。

 

放っておくと悪化をして更に他の爪にも悪影響を及ぼすおそれがあるということだったので、これは大変だと治療をすることにしたのです。
病院に行って薬をもらうという方法があったわけですが、水虫のことで病院に行くのは少し恥ずかしくて市販薬でとりあえず治療をしてみることにしました。

 

幸い市販薬でも処方薬と大差ないということだったので、それならひとまず病院に行かなくてもなんとかなると考えたのです。
爪水虫を治すための情報をできるだけ多く仕入れて、それに従って自分で治療をしていくことにしました。

 

薬も大事ですが衛生的な環境を整えるということも重要だということがわかったので、できるだけ蒸れないような靴を選んだり、休み時間には足を拭いたりとできるだけ綺麗にするように心がけることにしました。

 

治るまでに時間がかかるということでしたが、いざ治療を始めると本当に時間がかかり結局一年ぐらい治療をすることになったのです。
それでも最後は、なんとか治ったのでホッとしました。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら