【継続がカギ】爪水虫が完治するまでに1年間かかった・・

爪水虫が完治するまでに1年間かかりました

以前私は爪水虫に感染してしまいました。私は温泉に入るのが好きで、よく地元にある温泉施設に入浴しに行っていたのですが、それが良くなかったようです。最初は足の水虫になってしまい、指の先の皮が少しむける程度のものでした。

 

これぐらいであればすぐ完治するだろうと思っていましたが、知らない間に爪にまで感染が広がり爪水虫になっていました。ふと気づいたときには爪が白く濁っていて、右足の親指の爪は、表面が少しぼこぼことしていました。

 

私はあわてて皮膚科を受診しました。まだひどくはなっていなかったようで、塗り薬と内服薬を処方されました。毎日清潔にすることと、なるべく乾燥させることを意識するように教えられました。毎日毎日同じことを繰り返しましたが、なかなかよくはなりませんでした。

 

そこで私はインターネットで様々な方法を調べて、最大限の努力をしました。お酢を使って足を洗ったり、緑茶の葉をのせてみたり、様々なことを実践しました。そして半年ほどして気付いたのですが、伸びてきた爪がきれいになりました。このままがんばれば完治するに違いないと思い、努力をし続けました。

 

その結果、1年してきれいな爪となり、完治させることができました。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

爪水虫を悪化させないために

爪水虫は、普通の水虫と違って、皮膚がじゅくじゅくとしたり、かゆみや痛みを感じることもなく、なかなか気づきにくい病気と言えます。私自身も初期の頃はまったく気づかず、爪が黄色く変色してから、皮膚科に行きました。今思えば、爪水虫だと思わずにいた頃のお手入れは失敗だったと思います。

 

 まず、お風呂に入ったときに、足の指先が妙に固くてごわごわするような感触があります。お湯で濡らしても、なかなかがさつきが取れないので、躍起になって洗っていました。またその部分から汚い皮膚などがぼろぼろと落ちてくるので、洗い方が足りないのだと思い、軽石を使っていました。

 

 しかしそれは誤った対処法で、患部は素手で石けんの泡を使い、やさしく汚れを落とす方が良いそうです。なぜなら軽石などを使ってしまうと、皮膚の表面に小さな擦過傷が出来、そこからさらに白癬菌が入り込んでしまうからです。

 

 また患部を保護するために、靴下を履くのも悪化させる要因です。とにかく患部を清潔に、そして乾燥した状態にしておくのが何よりで、皮膚科の薬を完全に治るまで服用、患部には塗り続けます。

 

 初期の状態ならば、治すのにそれほど時間はかかりませんが、爪が変形したり、欠けてしまうような重傷になると、新しい爪が生えてくるまで待たなければなりません。爪水虫は悪化する前に完治させるのが、とても重要だということです。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

アロマオイルで爪水虫対策をしています

一緒に住んでいるパートナーが、爪水虫にかかりました。爪水虫は感染すると聞いたので、かなり気を付けて生活していました。ですが、ある日ふと爪を見ると、白く濁っていて、爪水虫に感染していると自覚しました。

 

パートナーは、皮膚科で処方された薬を使っているのですが、私は化学的な薬が苦手なので、代替療法で何かいい治療方法がないか探しました。すると、アロマオイルのティートリーを使った臨床実験で効果があったという記事を見つけました。

 

ティートリーは殺菌効果が高く、爪水虫の原因である白癬菌の繁殖を抑えることができるようです。実験では、ティートリーをキャリアオイルで希釈し、患部に1日2回塗布したところ、2、3ヶ月で状態が改善したそうです。

 

また、オイルが皮膚を保護し、皮膚の状態も良くなったそうです。この記事を読んで、これなら自宅でも簡単に行うことができると思い、アロマの専門店でティートリーとホホバオイルを購入しました。足湯も効果的と聞いたので、お湯を張ったバケツにティートリーを数滴たらし、足湯を毎日続けました。

 

その後、ティートリーを希釈したホホバオイルを綿棒につけ、患部に塗りました。ティートリーは爽やかな木の香りがして、香りをかぐだけでも気分がリフレッシュします。穏やかに作用するようで、即効性はないのですが、1ヶ月を過ぎる頃になると、白く濁った感じがなくなり、効果を実感しました。

 

薬でないので、予防対策としても毎日使うことができるのも良いと思います。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

アルコール消毒は、爪水虫にあまり効果がない

爪水虫は、白癬菌が原因ということなのでアルコール消毒を試してみました。たしかに、表面を消毒することで一時的な改善はみられましたが、結局のところあまり効果が感じられません。

 

それどころか続けていくうちに、肌がカサカサになってしまいました。拭くたびに感じるひんやり感も、あまりここちよいものとはいえません。

 

どうしたらよいものかと悩んでいた時に、父親からすすめられたのがクリアネルショットです。クリアネルショットは、足の爪用のジェルなので爪水虫などにも効果があります。浸透力特化型ジェルだから、患部の奥まで広がってくれます。有効成分をしっかりと患部に届けることができるから、症状の改善がスピーディです。

 

配合成分も竹酢液やシトラールなど爪の悩みに作用する成分やスクワラン、アボガドオイルといった爪全体を保護し保湿効果もある成分です。そのうえ爪の健康をサポートするポリアミンも配合されています。

 

使い方も簡単で、1日1回患部に塗るだけです。ずぼらな私でも続けることが出来ました。塗るタイミングは、入浴などで足裏を清潔にしてから爪や爪周辺の皮膚に塗っていくだけです。液体ではなくジェル状なので、塗りやすいといえます。

 

人に堂々と見せられる爪を取り戻したいなら、クリアネルショットがおすすめです。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

手の爪に爪水虫の症状が出ました

私は以前から、足の水虫に悩んでいました。いろいろと市販の治療薬を試したりしましたがなかなか治らず、しかしひどくもならないのでそのまま放置してしまっていました。時々足の指の皮がめくれるので、それが気になって指で引っ張って取ったりしていました。

 

それが良くなかったのか、気がつくと、手のひらの皮がめくれるようになりました。それも右だけです。手にも水虫がうつってしまったのかなと思っていると、今度は右手の親指の爪がぼろぼろになってきました。びっくりして医者に相談すると、最初に行った病院では手湿疹ではないかといわれました。

 

手湿疹用の薬をもらいぬっていましたが、症状はひどくなるばかりです。これはおかしいと思い、別の皮膚科に通い検査を受けたところ、爪水虫であることがわかりました。たぶん原因は、足の裏の皮を引っ張ったりしていて、菌が付着して感染してしまったのだろうということでした。

 

足の水虫と同様に、飲み薬と塗り薬を処方されました。爪水虫は治るのに時間がかかるので、根気強く治していきましょうと言われました。さらに足の水虫にも使えるので、同時進行で治していくことになりました。今現在も治療中ですが、だんだんと回復傾向にあるので、頑張って治していきたいと思います。

 

 

爪水虫に五本指ソックスは有効か

爪水虫は、普通の水虫と違って、患部にかゆみや痛みを伴いません。それゆえに発見が遅くなり、重症化してしまうこともあるようです。

 

 最初、異常を感じたのは、入浴時でした。洗っていると爪の周りの皮膚が、やけにぼろぼろとはがれ落ちてくるのです。またそのあたりの皮膚が、洗ってもがさがさとごわついて、きれいになった気がしませんでした。しかし、当時は痛みも感じなく、それほど気にせずに過ごしていました。

 

 私が皮膚科医にかかったのは、爪が黄色く変色してきてからです。医者に行ったときには、爪そのものが、ごつごつとしてぶ厚く、肥厚化しており、すぐに内服液と塗り薬が処方されました。

 

 医者に言われたとおり、風呂に入って、患部をやさしく洗い、水気を完全にぬぐい去った後に、塗り薬をつけています。以前は、五本指ソックスを履いて、指と指がくっつかないようにしていたのですが、医者に言わせると、爪水虫は患部を清潔に乾燥させておくことが大切なので、靴下のたぐいは履かない方がよいようです。普通の靴下よりは、五本指ソックスのほうが、患部が他にくっつかないだけマシかも知れませんが、どうしても通気性が悪くなり、白癬菌が増殖してしまうようです。

 

 そのため、靴下は外出のときだけ履いて、自宅に帰ったらすぐに患部を洗って、乾燥させるようにしました。確か二ヶ月くらいで治ったと思いますので、試してみてください。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

爪水虫で膿は出る?対策は病院?

(爪水虫の症状)

 

爪の中に白癬菌が感染すると爪水虫になってしまいますが、初期の段階だと気がつかない人も多いようです。

 

爪が白濁色になり厚みを持ち始めるのは爪水虫の特徴的な症状で、進行すると黄濁色になって爪が割れやすくなり、更に進行すると黒色になって最終的に爪が剥がれます。

 

爪水虫が進行する過程で、爪の中から膿が出るケースや爪の周辺が化膿することもあります。

 

ほとんどの場合、爪水虫で痒みや痛みを感じることはありませんが、膿んでいる時や爪の厚みが原因となって靴を履く時に痛みを感じるケースもあります。

 

爪水虫は自然治癒することはないので、症状が悪化する前に早く対処することが大切です。

 

特に膿が出ている場合には、角質が破れている可能性が高く雑菌の感染も心配なので、病院へ行くことがおすすめです。

 

(病院での爪水虫治療)

 

爪水虫で膿が出ていて病院へ行った場合、膿に対する適切な処置をしてくれるので、1人で悩まず早目に受診することが大切です。

 

爪水虫は、内服薬や外服薬による治療が行われますが、塗り薬よりも身体の中から働きかけた方が効果を期待できる為、飲み薬による治療が優先されます。

 

爪水虫に使用される飲み薬は、副作用リスクや服用できないケースがあります。

 

副作用は肝機能へ与えるリスクがあり、服用できないのは肝機能や血液などに疾患がある人や、妊婦の人、高齢で複数の薬を服用している人です。

 

飲み薬が使用できない場合には塗り薬が処方され、どちらの治療法の場合でも通院は6ヶ月から1年程度が主流となっています。

 

膿が出ている時は病院へ行くことがおすすめですが、膿が出ていない爪水虫の場合、病院ではなく自宅で対処する方法もあります。

 

(自宅で爪水虫対処)

 

自宅で爪水虫対処をする場合、爪に浸透するケア商品を使用する必要がありますが、薬局やドラッグストアなどではそういった商品が市販されていません。

 

爪水虫ケア商品を購入する場合は、通販サイトからがおすすめです。

 

通販サイトや公式サイトで販売されているクリアネイルショットは、爪への浸透性が高く硬い爪に馴染みしつこい原因に働きかけます。

 

クリアネイルショットを購入する時は、お得なコースがある公式サイトの利用がおすすめです。

 

購入する時は、期待できる働きかけがあるのか不安で悩む事がありますが、お試し定期コースを利用した場合、通常3.300円が10%オフの2.970円で購入でき、全額返金保証が付いているので、安心して始めることができます。

 

更に、まとめて購入すると割引率が高くなるので、お得な価格で爪水虫対策が始められます。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

 

【一緒にどうぞ】爪水虫ケアのクリアネイルショットの解約を先に知っておこう!